資源化施設による処理事業がスタートしました。

秋田県の広域化・共同化の取り組みとして、県北地区の3市3町1組合で発生する生活排水処理汚泥を集約処理する汚泥資源化事業が運転開始となりました。